必要なサービスを安心して受けられる施設をめざして | 群馬県高崎市。

【6】外出・買物・園外実習

わたしたちが取り組んでいる活動の一部をご紹介します

 外出支援

 様々な社会的経験(買物・外食・公共の交通機関の利用など)をする事で、社会で生活する上で必要なスキルやマナーを学習し、さらには施設での生活に潤いや充実感につながるよう企画します。また、なるべく画一的でなく、利用者さんの選択肢が増えるように配慮し、自己選択ができるよう解り易い情報提供を心掛け、利用者さん一人ひとりの希望に沿う形で実施します。あわせて買物等を通じて、経済(お金の使途、価値等)活動を、レベルに合わせ体験する機会を提供します。

 買物支援

 外出計画の外出とは別に、少人数で近くのスーパーやコンビニに小額の買物に行く機会を提供していきます。普段から施設の外に出る機会を提供することで地域での生活に馴染んでいけるよう支援して行きます。

 園内喫茶・購買

 生活の中の潤いの場として園内に喫茶店のような場所を設け、利用者さんも参画して運営し、誰もが憩える場として提供していきます。

 園外実習

 社会自立が可能と思われる利用者さんを対象として、職場実習を実施するための事前学習を障害者職業センター等を利用し、実社会での人と人との接触性、社会性を体得していただき、グループホーム、地域ホームへ移行できるよう援助していきます。

 

Copyright © 2003-2016 Social Welafare Inc, Ohiradaikai All Rights Reserved.

このウェブサイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます

Top